小人舎が発行する絵本WEBマガジン[コビマグ]

絵本の世界は永遠だっ〜!!

第2回「のでのでので」

のでのでので 作・絵:五味太郎
出版社:絵本館

〜読んだあとからはじまるオモシロさ〜

字が少ない絵本ほど「はまる」のだ。

だってわかりやすいんだもん。

「とびあがった」

それはいきなりはじまる。

「とびあがったので」

あ、そうか『これがタイトルの【ので】か』と気づく。

ページをめくると。

「はたをサッとあげた」

ところがつぎが予想外!

「はなびにひをつけた」

で、え、どうなるの、どうなるの??て感じでどこまでも気になるリレーは続く。

だいたいが予想外だ。

この続きは五味太郎さんのあの絵で楽しまないともったいない。

○○した→○○ので→○○なった→○○ので→○○した→

このリズムが本をよんだあともとまらない。

そこらへんのものでこどもが作り始める。

「ひるごはんを食べた。ひるごはんをたべたので

おなかいっぱいになった。おなかいっぱいになったので

ねむくなった。ねむくなったので

・・・・・・(以下えんえんと続くので略)

こどものつくる「ので」を聞いているといつも吹き出してしまう。

でも、どちらかというと読んでいる親がはまってしまう、そんな一冊である。

(テキスト:みんみんぜみ)

小人舎でこの本をチェック

のでのでので

のでのでので

  • 五味 太郎 (著)
  • 絵本館
  • 価格:700円

詳細をみる

コビマグMENU

絵本の世界は永遠だっ〜!!

小人くんの千夜百魚十冊

3歳からのハローワーク

きょうのひとめぼれ

ベストドレッサー賞ノミネートの方々

トップに戻る

絵本・児童書を買う

お問い合わせ